【デニス・植野】二股浮気の次はブラジルネタのウソ

二股浮気騒動で週刊誌を賑わせたお笑い芸人デニス・植野がまたやらかした。

7月2日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で、自身がネタにしているエピソードトークが全部ウソであったと告白した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00010001-flash-ent

 

デニス・植野と言えば、ブラジル人と日本人のハーフで、見た目がブラジル人っぽいにも関わらず、名前は植野行雄で中身も完全に日本人なところからそのギャップが面白くて人気が出た。

全盛期は2013年で年間139本のテレビ番組に出演していた。
その当時はオーディションに行くと、ドアを開けただけで「合格」となったり、本名を言っただけで合格となっていたほど絶好調。

絶対にウケける魔法の言葉「ケバブ」さえ言っていれば番組出演が成立してしまい、ネタ作りは全く努力しなかったそうだ。

その結果、エピソードを出し尽くしてしまい、テレビディレクターからはもっと他にネタはないか?と求められ、ウソをついてしまった。

 

よく使っていたネタはこちら。

  • イラン人同士のケンカに巻き込まれてしまった
  • 運動会の組体操の横でスフィンクスをやった
  • 親戚がアイルトン・セナのタイヤを交換した

 

など、どれもなさそうで、ありそうですよね(笑)。

 

でも、その結果テレビ関係者からはネタがウソだとばれてしまい、徐々にテレビ出演が減っていき、2016年には33本と全盛期の4分の1にまで激減してしまったそうだ。

デニス・植野いわく、「ウソは必ずボロが出る。そして、自分の将来をボロボロにする」と最後に自分を戒めていた。

 

そうです。

仕事もプライベートも、「ウソ」はいけませんよ、植野さん。

現に浮気もバレて大変なことになっていますよね(笑)。
でも、この番組内で浮気ネタが出ていなかったので、たぶん週刊誌で報道される前に収録したのですね、きっと。

 

今後のご活躍に期待します。ガンバレ植野行雄!!

コメントを残す