【新事実】タクシー代ケチったのが事の始まり?小出恵介淫行事件

17歳少女との淫行事件に揺れる小出恵介。

所属事務所からマスコミ各社にファックスが送信され、6月10日に相手少女と示談が成立したと発表された。

                                     出典:(C)ORICON NewS inc.

 

これでやっとひと段落?

 

いやいや、生粋の女たらしで酒癖の悪い小出恵介、これだけでは終わらなそうです。

 

今回の事件には前段があったと、東スポWEBによると事の発端は今年の1月、西麻布にある会員制の高級ラウンジでバイトしているAV女優をアフターで連れ出し、小出の行きつけのバーに連れてきたことがあったらしい。

 

 

 

そこで小出はそのAV女優を一生懸命口説いてお持ち帰りしようとしたが、結局断られた。

 

小出のプライドが傷つけられたのだろうか、AV女優のくせにどうだとか、こうだとかと罵声を浴びせ挙句の果てにはそのバーにいた他の女の子を口説く始末。

 

こういう時はたとえ断られたとしても、アフター出来た女の子にタクシー代を渡すのが常識。

 

結局そのAV女優は自腹で自宅へ帰ることに・・・

 

しかも彼女の所属する事務所は半グレ集団が関係していて、バイトしているラウンジもその事務所がケツモチとのこと。

 

その後、そのAV女優は小出に強制的にキスされたとか、罵倒されて精神的ダメージを受けたとか、病院代だ、仕事に行けない保証代だと何百万円も示談金を請求されて、まだ払い切ってないようだ。

 

そんな情報は巡り巡って大阪の悪い奴らの耳に入り、小出は狙われていたそうだ。

 

小出行きつけのバーの飲食関係者はこう指摘している。

「小出が半グレ集団系のAV女優にちょっかい出して、その絡みで今度大阪ではヤバイ人が出てきたって聞いた。その人は、小出から示談金を1000万円ぐらい取りたいだけみたいよ。そういうことやってる友達いわく『女にだらしない芸能人は、金持ってるし一番のカモ』だって。小出もほとぼりが冷めたと思い、しかも東京じゃなく大阪だったし脇が甘かったんだと思うよ。」

とのこと。

それを踏まえて今回の大阪での淫行事件。

なるべくしてなったというべきであろうか・・・

 

 

もとをたどれば、西麻布でのタクシー代を渡さなかったことから始まっている。

 

たかだか数万円のタクシー代が、まさか数億円の損害賠償に発展するとは、当時イケイケの小出恵介には気づく由もなかったことだろう。

 

大阪の淫行事件が終わっても、東京での示談はまだ終わっていない・・・?

コメントを残す